fuba が英語版 Wikipedia をランダムに開いて読む

https://fuba.hatenadiary.com/entry/2018/03/18/164834

Anna Lühring

Anna Lühring - Wikipedia

Anna Lühring はナポレオン戦争プロイセン軍に従軍した兵士らしい。

Napoleonic Wars - Wikipedia

1796年生まれで1814年に部隊に入ったものの戦争は1815年に終わった様子。Dressed in her brother's clothing が気になるけど性別を偽ったりしてたんですかね。

Bremer Frauengeschichte - Biografien:Lühring Anna

ブレーメンの女性団体っぽいのが作ってる詳細な情報があったので読んでみたところ、「エデュアルド」は実際には「アンナ」であると彼らに伝えたのは、パリへの急行行進だけでした とあった。なるほどですね。

 

de.wikipedia.org

ドイツ語の方読んでみたら全部書いてたわ。軍人としてはさほど大きな成果は上げていなかったけどシンボルとして祭り上げられたんですかね。

リュッツォウ義勇部隊 (解放戦争) - Wikipedia

日本語があった。2名の女性ってのがこのアンナと「ヒーロー処女」エレオノラ・プロチャスカ のことらしい。

en.wikipedia.org

プロチャスカさんの方はめっちゃ情報出てくるし有名人っぽい。

リュッツォウ義勇部隊は数多くの戦闘に参加したものの、ハインリヒ・フォン・トライチュケに拠れば軍事的にはほとんど成果を挙げられなかった

ナポレオンのフランスに対する勝利の後、リュッツォウ義勇部隊は一種の偶像、そして実際に成長する国民運動の萌芽となった。それは諸国の独立後、ドイツ諸邦の統一に向けた努力に繋がったのである。

とはいえ部隊自体が成果はいまいち上がらなかったものの宣伝効果がすごくて最終的にみんな伝説になったということっぽい、そもそも入隊時になんもチェックしてなかったから女性兵士が生まれた状況だったわけなんだろうし、なるほどという感じが新たになりますね。

Bremer Frauengeschichte の記事の方に戻ってみると、Focke museum で武器を見れるとのことなので検索してみたけど見つからず、なんか画像アーカイブは金払えば見れるとのことなのでスルーしました。

f:id:fuba:20200104213126p:plain

Stadtgeschichte | Focke Museum

肖像画武装がそれっぽいですね。

結局その後は細々と暮らし、最終的に年金生活をしたとのこと。

Bhainsai

Bhainsai - Wikipedia

Bhainsai Uttar Pradesh の小さな川。川か。

Uttar Pradesh ってのはインドの北の端のウッタル・プラデーシュ州のことらしい。なるほどでかい州ですね。

ウッタル・プラデーシュ州 - Wikipedia

Muhammadabad Gohna Mou ってとこから Zahoorabad に入り Bahadurganj Tamsa 川に流れていくそうです。何1つ知らないな。

Mau - Wikipedia

そもそも Muhammadabad Gohna Mou って書き方が何もわからなくて一切の信用ができず、暗雲が立ち込めている。とりあえず Bahadurganj と Mau の場所を調べよう。

Bahadurganj, Ghazipur - Wikipedia

f:id:fuba:20180409004733p:plain

位置関係は概ね理解しました。

ということでとりあえず Wikipedia 以外の情報を見てみるかと思ってサッと調べた所、インドのあらゆる地域情報を網羅してそうなサイトに情報があった。

Sacred and Beautiful Rivers that Bring Prosperity to Uttar Pradesh

なんかとにかく歴史があるんですね。しかし川としてはとにかく小さいっぽく、とりあえず写真を見たいですね。ということでしばらく Google Map を見てたんだけどまったく Tamsa 川に合流する Bhainsai 川がみつからないんだけど

Rivers in India

もうむりなんでもうちょいぐぐったところなんかインドの川の地図があった。どうやら Bhainsai River Tamsa River Yamuna Riverひいては Ganges River 水系に属するみたいですね。ガンジス川じゃんこれ。しかし肝心の Bhainsai については何もわからない

Bhainsai ヒンディー語で調べようと思ったんだけど、どうやら भैंसे とはバッファローらしく、その結果アーカンザス州のバッファロー川の情報が出てくる、もうだめだ

ところで Bhainsai は Balrampur District ってところに同じ名前の村もあるらしくて、とにかく電気もないし鉄道もないし電気もないと Wikipedia には書いてある。そこでググったところ全然関係ない場所の Bhainsai がどんどんでてくるし、これは諦め時なので、諦めました。Bhainsai についての情報は 1 時間では見つからない。川も見つけられず、村も見つからなかった。見つけた人は教えてください。Balrampur District でないところにある Bhainsai は雑にググるとどんどんでてきますが、別物です。

Balrampur district - Wikipedia

Balrampur District 自体はネパールとの国境地帯だし、最初からこっちを調べれば面白かったきがしますね…。

ここから翌日追記

なんか小池さんが探した結果 Bahadurganj 周辺で Tamsa river に合流してる川はこれしかないとのこと。

たしかにそうですね。なんかよくわからずスルーしてた Zahoorabad というのも、実は Ghazipur district の選挙区の1つだということを理解しました。

Zahoorabad Assembly Constituency Map, Zahoorabad Election 2017 Results

この川を気合でたどった所、後ちょっとで Muhammadabad Gohna ってところまで行けた。

たぶんこれですね!

この川の流域、とにかく道が切れている。

f:id:fuba:20180410001905p:plain

なんか普通にあふれるたびに地図を書き直すのが面倒だから何も書いてないのではないかと邪推してしまう。ちなみにこの無の地図の中 1 つだけ目立っているカフェですが、以下の通り荒野です。

f:id:fuba:20180410002348p:plain

インターネットに困ったら行ってみましょう。

Barbara Vernon (writer)

Barbara Vernon (writer) - Wikipedia

バーバラバーノンさん (1916-1978) はオーストラリア人の脚本家で、彼女の書いた脚本に The Multi-Coloured Umbrella ってのがあるそう。最初の一文にもあるぐらいだからすげー有名なんすかねと思ったけど、1958 年にテレビで放送されたから代表作みたいな感じに書かれている。

The Multi-Coloured Umbrella - Wikipedia

The Multi-Coloured Umbrella (TV Movie 1958) - IMDb

IMDB もみたけどさすがに映像はなさそう。そもそも 1958 年だし、あらゆる物が生放送垂れ流しだったっぽさがある。作品の項に戻って、メルボルンの新聞 The Age の記事を読んでみる。

The Age - Google News Archive Search

f:id:fuba:20180322014621p:plain

ジャーナリストクラブの賞、彼女は当時 40 歳のラジオアナウンサーだった。はい。この The Age はメルボルンで発行されてて、オーストラリアの南東部でそこそこ売れている新聞みたいです。

The Age - Wikipedia

初回のシドニーでの放送は成功したものの、メルボルンで放送しようとして kinescope しようとしたら出来がいまいちだったのでラジオで放送することになったみたいな渋い話もあった。

The Age - Google News Archive Search

f:id:fuba:20180322015037p:plain

telerecording (=kinescope) って何なんだろとおもったけど生放送のテレビ番組をフィルムカメラで撮影するという渋い技術だった。昔の人は大変だったんだな…。

キネコ - Wikipedia

ところでオーストラリアの国立図書館の新聞記事検索の Trove がマジですごくて、雑に 1800 年代から新聞記事を検索できることをこの人の記事を見てて知りました。ので適当に Barbara Vernon で検索したら 1930 年台に同じ名前のアメリカ人コメディアンがいたようですね。そこまで調べるのもだるいので晩年の様子を探ってみた。

11 Nov 1969 - The seminar and TV - Trove

f:id:fuba:20180322015356p:plain

1969年のキャンベラタイムズ誌の記事。キャンベラタイムズは露骨に地方紙ってかんじですね。

Canberra Times - Local Canberra News, World News & Breaking News in ACT, Australia

50台後半になったバーバラはオーストラリアの子供向け映画、TV番組から暴力表現をなくそうみたいなセミナーをやってたみたいです。当時のオーストラリアの子供向け作品の暴力表現ってどんなもんだったんですかね。ちょうどこのタイミングで子供向け作品の映像化に関わっていた様子。

Pastures of the Blue Crane - Wikipedia

あらすじ読むと結構面白そうなんだけど、スペイン語版ぐらいしかまともな値段のものがないのであきらめました。

ここまで見出しにとらわれて The Multi-Coloured Umbrella についてばかり調べてたんだけど、 1967 年の Bellbird って作品が実は代表作だったぽい情報量だということがわかりました。最初に全部見とけばよかった。 

Bellbird (TV series) - Wikipedia

Back to Bellbird – Television.AU

顔写真ある!!! 1時間の調査を経て、ついにバーバラバーノンさんの顔を見ることに成功して感無量です。

f:id:fuba:20180322020729j:plain

We have tried not to make Bellbird too sentimental or melodramatic but have continually striven for reality

いい人っぽい。この Back to Bellbird って記事最高なんで、読みましょう。

というかこの Television.AU ってサイトすごいですね。オーストラリアのテレビ番組に深い興味を持つことが今後一度でもあるのかわかりませんが…。

Television.AU – The History of Australian Television

Statement

具体的には、https://en.wikipedia.org/wiki/Special:Random を連打して、知らなかったら調べます。

Hesperocorixa sahlbergi

Hesperocorixa sahlbergi - Wikipedia

カメムシ目ミズムシ科の虫であるところの Hesperocorixa sahlbergi とのこと。とにかく誰も興味を持っていない虫っぽくて大した情報がない。

Hesperocorixa sahlbergi (Fieber, 1848) - Taxonomy

初手でググったところなんかまとまってた。このサイトすごいな。

INPN - Présentation de l'Inventaire National du Patrimoine Naturel

INPN is a system implemented to ensure in a standardised way the restitution of synthetic data needed for the expertise, the development of conservation strategies and the dissemination of information and national and international reports relating to the French natural heritage (plant and animal species, natural habitats and geological heritage).

こういうのあるんすね。さっそく Fieber (1848をみてみた。

t.21:no.1-2 (1848) - Bulletin de la Société impériale des naturalistes de Moscou. - Biodiversity Heritage Library

ドイツ語なので何もわかりませんでした。このサイトもこれはこれでなんかすごい

Biodiversity Heritage Library

生物多様性に関するオープンアクセスな文書をジャンジャン集めてくるコミュニティベースのサイトらしい。よくできてますな。

他に調べても何もないのでがんばって雰囲気で Fieber (1848) を読んでみた所、519 ページに Corisa sahlbergi についての記述があるとかいてあった。いましらべたいのは Hesperocorixa であって Corisa じゃないんだけど

Genus Hesperocorixa - BugGuide.Net

Explanation of Names

Hesperocorixa Kirkaldy 1908 

あ、1848 年にはまだ Hespercorixa って種がなかったってこと?

f:id:fuba:20180318162339p:plain

f:id:fuba:20180318162413p:plain

写真のとおりの説明でした。スウェーデンとかフィンランドとかロシアとか Prussia in Bohemia とかオーストリアにいるそうです。ヨーロッパの寒い水たまりにすんでるミズムシってかんじですね。一生見なさそう。

Plaimpied-Givaudins

Plaimpied-Givaudins - Wikipedia

Plaimpied-Givaudins はフランスのサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏に位置するシェール県のコミューンとのこと。何もわからない。

地域圏についてしらべる。フランスの地域圏 - Wikipedia 

州みたいなサイズのまとまりらしい。全部知らなかった。

サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏 - Wikipedia

なんかとにかく穀物を作ってる地域圏とのこと。

シェール県についてぐらいは英語版で読もうと思ったけど何故か日本語版のほうが充実している。

シェール県 - Wikipedia

フランスで最も美しい村があるとのこと。良さそう。

Apremont-ansicht-vom-fluss.JPG
By Mboesch - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, Link

本当か?とおもって英語版のその村のエントリをみる。

Apremont-sur-Allier - Wikipedia

The village is a member of the Les Plus Beaux Villages de France ("The most beautiful villages of France") association. 

いくつもあるのか。たしかにきれいな感じがするけど、Plaimpied-Givaudins のことを調べているのでこのコミューンのことは忘れよう。コミューン?村?どっちや。

Communes of France - Wikipedia

commune is a town, city, or other municipality. "Commune" in English has a historical bias, and implies an association with socialist political movements or philosophies, collectivist lifestyles, or particular history (after the rising of the Paris Commune, 1871, which could have more felicitously been called, in English, "the rising of the City of Paris"). There is nothing intrinsically different between "town" in English and commune in French.

とにかく難しいけどコミューンらしい。そこそこでかい町単位みたいなのが無限にあるのがフランスとのこと。

Plaimpied-Givaudins の詳細がわかりそうな唯一使えそうなサイトにはつながらない。

http://www.quid.fr/communes.html?mode=detail&id=9824&req=Plaimpied-Givaudins

google でしらべる。

プラアンピエ・ジヴォダン 旅行・観光ガイド 2018年 - トリップアドバイザー

プラアンピエ・ジヴォダンと読むことがわかった。写真をみるとまあフランスっぽいですねという感じだ。とにかく観光地は Saint-Martin なんとかしかない。

Restaurant aux Marais - Plaimpied-Givaudins - Avis, réservez en ligne

レストランはここしか口コミがない。うまそう。